臨床やスポーツ現場に活かせる情報がいち早く手に入るRIOS公式メルマガ
(メルマガ限定の情報も満載!)
登録はこちらから

今回は〝肩甲骨の安定性評価 僧帽筋編〟をお伝えしていきます。

不安定性の評価は前鋸筋、僧帽筋、菱形筋と分けて行います。 

肩関節外転位では、肩甲骨の内転(僧帽筋機能)が必要になるため、

肩関節外転位で僧帽筋の出力を評価できると考えます。

 

動画→

 <方法>
・肩甲骨内転位のポジションをとる。
・肘関節を伸展させる。

<ポイント>
・肩甲挙筋の代償がないか、肘が下がってこないか、内側縁が浮かないかを確認する。

詳しくは〝肩関節セミナー〟でお伝えしていきます。