臨床やスポーツ現場に活かせる情報がいち早く手に入るRIOS公式メルマガ
(メルマガ限定の情報も満載!)
登録はこちらから

今回は「背屈制限でおさえておきたい!長母趾屈筋の触診」についてお伝えしていきます。

長母趾屈筋 は足関節背屈の制限因子としてよくあげられる要素の一つです。

この筋は内側縦アーチの形成に大きく関与しており、強い蹴り出し動作をサポートしています。

 

今回は触診がテーマですので、まず走行から

母趾末節骨底に付着し、内果後方より距骨後方を走行し、腓骨に付着 しています。

 

距骨後方を走行する筋は長母趾屈筋のみ であり、ここが背屈の制限因子となりうる原因の一つになります。

そのため、触診・アプローチがしっかりできることで背屈制限を改善 することができます。

動画ではアプローチポイントの紹介も行っています。

 

この詳しい内容は動画で説明しています。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。