臨床やスポーツ現場に活かせる情報がいち早く手に入るRIOS公式メルマガ
(メルマガ限定の情報も満載!)
登録はこちらから

本日は、『肩甲骨の良いアライメントを維持するためのエクササイズ』についてお伝えします。

スポーツにおいても、普段の生活においても、良いパフォーマンス、良い体調を維持していくには、姿勢が大きく影響していると考えます。

現代、スマホやパソコンをよく使い、背骨が曲がり、体幹が屈曲している姿勢の方々をよく見かけます。そんな方々は、胸郭が閉鎖し、肩甲骨外転・前傾・下方回旋していることが多いように感じます。

やはり、よくないアライメントでは、肩の痛みや、腰の痛みを訴えることが非常に多くなってくると思います。

身体への症状だけではなく、目線も下を向きがちになるので、気持ちも暗くなり、精神的にも落ち込みがちになってくるのではないかと思います。

怪我、不調のない身体を作るためにも、毎日を明るく送るためにも、肩甲骨周りの筋肉を動かし、アライメントを維持する必要があると考えています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。