臨床やスポーツ現場に活かせる情報がいち早く手に入るRIOS公式メルマガ
(メルマガ限定の情報も満載!)
登録はこちらから

今回は「頚部伸展動作と胸骨の関係性」についてお伝えしていきます。

頚部伸展動作には胸骨が前方に出てくる動きが伴います。
つまり、上半身質量中心が前方に移動してきます。この動きが伴わないと頚部の動き、とくに下部頚椎の伸展のみの動きとなり下部頚椎に局所的なメカニカルストレスが加わります。
そのため、頚部伸展動作の際には胸骨の動きにも着目する必要があります。
ご自身の胸骨と肋骨の部分に指を当てたまま頚部を伸展してみてください!
伸長感や抵抗感が強い場合は胸骨部分の制限があり、頚部伸展の動きに胸骨が伴っていない場合が多いです。

この詳しい内容はこちらの動画で説明しています↓↓

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。