本日は、肩甲骨上方回旋を制限する筋の触診についてお伝えします。

肩甲骨は、右肩甲骨を例に挙げると、上角が脊柱に接近するように反時計回りに関節窩が上方を向くように動いていきます。
上角には肩甲挙筋が付着し、肩甲骨、鎖骨を中心に僧帽筋が付着し走行上、重なり合っているため、この両筋が制限因子となるということが多く感じられます。
また、下角も上方へ動く可動性が必要になってきます。下角の周辺には、僧帽筋広背筋が付着し、両筋が重なり合っているため、制限因子となることが多く感じられます。
肩甲骨周囲筋の滑走性を高めることで、可動性の改善が図れると思います。

【触診方法】

肩甲挙筋:

  • 乳様突起と下顎角の間に触れる筋腹を上角に向けてたどっていく
  • 肩関節を伸展させると筋腹が収縮し触診しやすい
  • 停止部は上角の1横指内側方に位置する

僧帽筋上部線維:

  • 外後頭隆起から2横指外側と鎖骨外側1/3の部位を想定し線をイメージする
  • そのイメージした線上に圧をかけながら筋を触れていく

筋間リリースについては、RIOSセミナーで詳しくお伝えしています!

下角周辺の触診については、次回お伝えしたいと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。