今回は「下部頚椎の制限が強い場合の運動療法」についてお伝えしていきます。

以前、頭部前方位を呈する症例に対して顔を後ろに引く(下部頚椎伸展、上部頚椎屈曲)運動をお伝えしました。
この動きは下部頚椎がある程度可動性があればセルフエクササイズとして有効です。
しかし、下部頚椎の制限が強くあまり可動性のない場合は

「どう動かしていいのかわからない」

「やっている感じがしない」

といったことを臨床上多く経験します。

そのような場合に効果的な方法をこちらの動画で説明しています!

この内容は

「臨床に生かす!頚部の機能解剖評価・アプローチセミナー」

で詳しくお伝えしていきます。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。