今回は〝肩甲骨を固定した可動域評価〟についてお伝えしていきます。

肩甲骨を固定したまま肩関節を屈曲させていくと、肩甲上腕関節での可動域制限が現れます。制限因子として多いのが、広背筋・大円筋・三頭筋と棘下筋・小円筋が挙げられます。

この判別として肩甲骨面での外転+内外旋の可動域を見ていきます。

<方法>


・肩甲骨を固定して肩関節関節を屈曲し制限を確認。

・肩甲骨を固定し、肩甲骨面での外転可動域を確認。

・外転が制限された位置から内外旋を確認。

外旋が制限されていれば広背筋・大円筋・三頭筋の硬さ

内旋が制限されていれば棘下筋・小円筋の硬さが考えられます。 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

 詳しくは〝肩関節セミナー〟でお伝えしていきます。