今回は、「スピードアップに直結する足趾伸展」についてお伝えしたいと思います。

歩行の立脚後期(Terminal Stance~Pre Swing)にて足趾は大きな役割を担います。

特に足趾の中足指節関節(MTP関節)の伸展が必要とされます。

Terminal Stance30°

Pre Swing60°  の伸展可動域が求められます。

この伸展の評価しっかり行えていますか?

<動画解説>

  • 歩行に必要な足趾伸展
  • 伸展可動域制限から起こる足部障害
  • 背屈制限との関連

歩行をはじめ動作の推進力を上げるうえで、足趾の機能はとても重要な役割を担います。
Windllas機構。足部アーチ機能の重要なシステムですが、足趾伸展制限によりこの機構は制限されます。
足部機能を理解する上で必要な評価であると考えています。

今回の内容に加え、足部の詳細な評価・アプローチが知りたい方は、

「臨床に生かす!足部の機能解剖評価・アプローチセミナー」

にてお伝えしておりますので、ぜひご参加ください。

11月に仙台と大阪でお伝えします。現在、申し込み受付中です。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。