本日は、『肩甲骨の内転に必要な上方回旋、下方回旋』についてお伝えします。

肩甲骨は、肩甲胸郭関節として胸郭上に位置し、胸郭の拡張、閉鎖に伴い連動して動いています。
良い姿勢と考えられる胸郭を拡張し、胸椎を伸展させるためには、肩甲骨内転の可動性が必要になってきます。
肩甲骨がスムーズに内転するには、肩甲骨の上方回旋、下方回旋を司る筋群の協調性が働き、内転の動きがコントロールされています。

肩甲骨内転作用を持つ筋は、僧帽筋、菱形筋が代表的です。
僧帽筋は下部線維が肩甲骨下制・上方回旋方向
菱形筋は肩甲骨挙上・下方回旋方向に働く作用を持っています。

純粋に内転作用を持つ筋は僧帽筋中部線維がありますが、この二つの筋の釣り合いが肩甲骨の内転をコントロールし、動きが出てくるため、肩甲骨の上下方回旋の動きの確認をしておくことも重要であると考えています。

【評価方法】
側臥位となり、肩甲骨下角、肩甲棘・肩甲上腕関節あたりに手を置く
握った手で肩甲骨を上方回旋、下方回旋方向に誘導し、可動性の確認をする
上角、下角どちらの方が動きやすいか確認する
左右差を確認し、どちら側の、どの辺の動きが出づらいかを感じるように動こしてみる

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。