今回は「頚椎と胸椎の連動性評価」についてお伝えしていきます。

頚椎にメカニカルストレスが加わる原因の一つに胸椎との連動性の破綻があります。
頚椎の動きには通常胸椎の動きが伴います。
上部頚椎、下部頚椎、上部胸椎、下部胸椎・・・と脊柱は連動した動きになります。
しかし、頚椎の動きに伴う胸椎の動きがみられないことで頚部局所のメカニカルストレスが増大します。
この頚椎と胸椎の連動性についてこちらの動画で説明していますのでご覧ください!

この内容は

「臨床に生かす!頚部の機能解剖評価・アプローチセミナー」

で詳しくお伝えしていきます。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。