今回は「肩関節屈曲動作と水平内転制限の関連性」についてお伝えしていきます。

肩関節屈曲90°に近づくにつれて骨頭が前方へ偏位する場合、合わせて水平内転角度を評価する必要があります。

<方法>
・肩関節を90°付近まで挙上させる。この時に骨頭が前方偏位してしまうか確認する。
・骨頭の前方偏位が起こる場合、合わせて水平内転を評価する。

三角筋や三頭筋、小円筋に硬さがある場合、骨頭を後方から押し出し前方偏位が起こることが考えられます。この制限因子は、水平内転を制限しますので合わせて評価する必要があると思います。

詳しくは肩関節セミナーでお伝えしていきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。