今回は、「足底屈制限における距骨の評価」についてお伝えします。

 

足底屈動作では、距骨が内・外旋中間位での可動域が理想とされています。

しかし、足部障害の既往などにより、底屈制限は臨床でも多くみられ、特に内反(内旋)で代償した動きをよく観察されます。

<動画のポイント>
1 足底屈動作における距骨の動きについて
2 可動域評価
3 底屈制限改善のためのアプローチポイント

つま先立ちやジャンプ動作、着地動作など底屈動作は日常生活~スポーツ動作まで大きく可動性が必要とされます。可動域とその動きの観察ができることで、自ずとアプローチするポイントが浮かび上がってきます。

底屈可動域の獲得を目指す場合、ぜひ参考にされてみてください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。