今回は「鎖骨のアライメントと並進バランス」についてお伝えしていきます。

上肢と体幹の連動性を評価する方法としてRIOSでは「並進バランス」を評価します。
この並進バランスには頚部、胸部も大きく影響してきます。

その1つに頚部、胸部の筋の作用による鎖骨のアライメント異常があります。
鎖骨のアライメントに影響を与えるものに僧帽筋上部線維と大胸筋があります。

例えば、右大胸筋の作用が強い場合、右の鎖骨は下前方に位置します。
左僧帽筋上部線維の作用が強い場合、左の鎖骨は上後方に位置します。
この鎖骨のアライメントにより、胸骨は右への傾斜が助長されます。その結果、胸郭は右へ崩れる形をとります。
このアライメントをとっていることで右の胸郭は拡張制限が生じる可能性があり、右への並進バランスが低下することが考えられます。

このように、鎖骨のアライメントとそれに影響を与える頚部、胸部の筋を評価することで並進バランスとの関係性を把握することができます。

この内容は

「臨床に生かす!頚部の機能解剖評価・アプローチセミナー」

で詳しくお伝えしていきます。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。