前々回・前回と腓骨筋トレーニングとその要素についてお話させていただきました。

今回は、「背屈制限からみる腓骨の評価」について動画解説させていただきます。

一般的に背屈時に、腓骨挙上(・内旋)することで、距腿関節がわずかに広がり、距骨が入り込み、背屈を可能にしています。

つまり腓骨挙上(・内旋)を阻害する因子は背屈制限につながっていく可能性があります。

<動画解説>

1、背屈時の腓骨の動きについて

2、腓骨の動きを阻害する因子とは?

3、アプローチ方法

 

背屈可動域を評価する際に、距腿関節を中心にみると思いますが、背屈の構成要素を考えると、距腿関節以外の要素も見えてくると思います。

 

今回も最後まで、お読みいただきありがとうございました。