前回のメルマガ腓骨筋トレーニングにて、トレーニングの際のよくみる代償動作とその改善方法についてお話させていただきました。

 

今回は、腓骨筋トレーニングを行う前の可動域アプローチについて動画解説したいと思います。

 

前回ご紹介しました腓骨筋トレーニングでは足部を外反させますが、

外反は足部の背屈・外転・回内の複合運動になります。

 

背屈や回内制限については以前のメルマガでもご紹介しましたが、

意外と外転制限を見落としてしまうことがあるかと思います。

 

<動画解説>

①    足部外反に必要な要素

②    ショパール関節外転制限について

③    筋間アプローチ

 

今回の腓骨筋に限らず、動的なトレーニングするためには、その運動に必要である

十分な可動域を獲得しておくことが効果的なトレーニングにつながってきます。

 

足部のさらに詳細な評価やアプローチは、

「臨床に生かす!足関節の機能解剖評価・アプローチセミナー」にてお伝えしております。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。