今回は“腰痛の動作分析②”についてお話しさせていただきます。

腰痛を有する選手の動作分析はどの様に行っていますか!?

前回は立脚期前半の足部、骨盤−腰椎の関係性についてお話しさせて頂きました。

 

今回は立脚期後半のお話をさせていただきます。

立脚期後半は、ターミナルスタンスで母趾球に荷重し対側へと重心移動させていきます。

 

ここで必要な足部の機能は足関節背屈、足部回内可動域内在筋を使った

ウインドラス機構です。

 

これらの機能が整う事で、前方への重心移動に伴い自然とHeel-offが可能になります。

 

しかし、

前回お話しした股関節伸展機能の低下や、足部・足関節の機能低下によって、

前方への推進力を足関節底屈にて代償する事になります。

そのことによって、身体が前方へ回転するトルクが発生し、骨盤前方偏位、腰椎

過伸展でその発生したトルクを打ち消す必要が出て来てしまいます。

 

その結果、腰椎には過剰な伸展ストレスが加わり、腰痛発生のリスクが高くなると考えます。

 

 

そこで、

私たちRIOSが行っている評価ではフロントランジを評価します

フロントランジにおいて足関節背屈可動域だけでなく、しっかりウインドラスが働いているか

どうかを評価していきます。

 

フロントランジを行わせ、足趾を伸展する事でウインドラスが働き

内側縦アーチが挙上するかをチェックします。

 

 

そのため、立脚後期と腰痛の関係性を評価する為にはフロントランジにおいて

足関節背屈、足部回内、ウインドラスを評価する事で、腰部にかかる

ストレスを評価する事ができると考えます。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。