本日は、『鼠径部痛を改善するための仙骨アライメント評価』をご紹介します。

 

前回は、Groin Triangle内側部に疼痛がある場合の主な原因として、恥骨結合部での剪断ストレス・捻転ストレスによって生じる『恥骨結合不安定症』が考えられることをお伝えしました。

この恥骨結合不安定症は、しばしば『仙腸関節の不安定性』が起こりやすいため、骨盤帯のアライメント評価が大切になります。

 

 

【仙骨アライメントの評価】

 ・腹臥位で、両側のPSISを触診する。

 ・両側のPSISを結んだ直線の、垂直二等分線をイメージする。

 ・尾骨を触診し、垂直二等分線から見て、左右どちらに偏位しているかを評価する。

 

尾骨が偏位している側の大殿筋の過緊張、反対側の大殿筋の収縮不全を疑うことができます。

以上を考慮して、骨盤のアライメントを修正するアプローチをしていきます。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。