今回は、“肘関節伸展制限の改善方法 〜上腕筋・腕橈骨筋間リリース動画解説〜”をお伝えしていきます。

 

<触診方法とリリース>

 

(1)上腕骨遠位1/3付近で、前腕回外位肘関節を屈曲させ上腕二頭筋を触診する。

 

(2)上腕二頭筋の外側に位置する上腕筋を前腕回内位で肘関節屈曲させ触診する。

 

(3)上腕筋の後方にある上腕三頭筋を肘関節伸展で収縮させて確認する。

 

(4)上腕筋外側を触診したまま遠位へと下り腕橈骨筋間へと入っていく。

   (腕橈骨筋は前腕中間位から肘関節屈曲させ確認する)

 

(5)上腕筋・腕橈骨筋間の隙間を作るように、腕橈骨筋を外側へずらすようにリリースする。

 

肘関節伸展制限もしくは外反変位がある場合、多くの場合、上腕筋・腕橈骨筋間に硬さがありますのでしっかりリリースしていきます。