本日は、股関節外転機能を高める治療ポイントとして、『大腿筋膜張筋-中殿筋間のリリース』をご紹介します。

 

 

 

【方法】

①側臥位の状態で、ASISを触診する。

②ASISから2横指後方に指を移動すると、大腿筋膜張筋の筋腹を触診することができます。

③筋腹から徐々に後方に指を移動させると、中殿筋との境目を触知できます。

④この境目に指を当て、中殿筋に重なっている大腿筋膜張筋との間をリリースします。

(※:非常に強い痛みが伴うため、しっかりとポイントをとらえた触診が必要です!)

 

 

本日の内容は、『RIOSベーシックセミナー体幹下肢編』でお伝えしています。

運動機能の評価方法など、ご興味のある方は、コチラもご参照ください。

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。