今回は、“踏み込み側の安定性”についてお話させていただきます。

踏み込み側の安定性が問題で起こると思われる大きな現象として、

1. knee outして開きが早くなる。
2. knee inして身体の軸がズレる。

その結果、上肢が遠回りしたり、肘の屈曲角度が減少したり、手投げになったりしてしまいます。
ですので、踏み込み側の安定は大切です。
ただ、踏み込み側の安定は、踏み込み側のみで達成されるものではありません。
軸足の影響を大きく受けます。
軸足でどう推進したかによって、踏み込み側の安定性が大きく左右されてしまいます。
踏み込み側を安定させる為に必要は推進の仕方は、内転筋の遠心性収縮による推進と、FHL・腸腰筋の遠心性収縮による股関節伸展だと思います。
軸足で、この要素が達成されていれば、踏み込み側の安定性は増します。
踏み込み側の腸腰筋・内転筋も促通されるからだと思います。

このことから、それを頭に入れて踏み込み側を評価しないといけません。
軸足の推進を無視すると、一向に踏み込み側が安定しないこともあると思いますし、軸足の問題をクリアしてから踏み込み側を考えた方がいいかもしれません。
簡単な軸足推進の評価としては、投球動作を模倣したサイドランジからステップ幅を変えて評価できます。

次回は、“踏み込み側の安定から上半身の軸を整える”についてお話したいと思います。

本日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました。