前回は、脛骨荷重と腓骨荷重の足関節を踏まえた股関節回旋のお話をさせていただきました。

 

 

簡単にまとめると

 

 脛骨荷重:股関節骨頭求心位を維持することにより、身体中心により近い位置で回旋出来る。

      よって、鋭い回旋が可能になる。

 

 腓骨荷重:股関節と骨盤の分離が出来ず、股関節での回旋が出来ない。代償として、足関節で

      回旋運動を起こす。よって、股関節での鋭い回旋が出来ない。

 

ということになります。

 

 

 

今回は、“ステップ幅が広がった状態でも軸足股関節回旋を可能にするポイント”を、

お話したいと思います。

 

 

股関節での鋭い回旋を可能にするには、脛骨荷重は大切ですね。

 

 

しかし、ステップ幅が広い状態、投球でいうとearly cockingの終盤で股関節回旋を行うのは

難しいです。推進の途中で骨盤が後傾したり、後方重心になったりと、股関節回旋が出来なく

なる要因は多くありますが、逆に達成する為に必要なポイントがあります。

 

 

それは、

推進から回旋時にかけて軸脚足関節の母趾球で荷重し母趾球で地面を踏み込めることです。

 

この動作がしっかりできれば、軸脚股関節の伸展がきれいに入ります。

 

 

足関節でFHLが出力し底屈モーメントを出すことで腸腰筋の遠心性収縮を促通します。

これが、骨頭の求心位を促通する要素となり鋭い股関節回旋を可能にすると思われます。

 

まとめると

 

 ・脛骨荷重により股関節回旋が促通される。

 

 ・しかし、ステップ幅が広くなると股関節回旋は難しくなる。

 

 ・それを達成する要素として母趾球で荷重し地面を踏み込めることが大切。

 

 ・母趾球荷重やFHLの出力が股関節伸展を引き出し腸腰筋の遠心性収縮を促通する。

 

 ・結果、骨頭の求心位を促通しステップ幅が広がっても鋭い股関節回旋を可能にする。

 

と、いうことになります。

 

 

次回は“踏み込み側の安定性”について、お話させて頂きます。

 

 

本日も、最後までお付き合い頂きありがとうございました。