こんにちは!

 

さて前回はscrew home movement(以下SHM)がなぜ起こるのか、そしてその動きは荷重下で

どう変わるのかということについて発信させていただきました。

 

 

簡単に復習すると、荷重下で下腿は足部を介して地面に固定されているので、膝を完全伸展するには大腿が

内旋することが必要であるということ。

 

 

また、大腿内旋の機能が低下していると、過度に下腿の外旋を強いられ、膝の痛みの原因となるという

ことでした。

 

 

本日はそこからさらに掘り下げて荷重下でのSHMの破綻が、体に与える影響について発信して

いきたいと思います。

 

 

まず大腿骨が内旋しない要因とは何か?

大きな要因としては骨盤の後傾が考えられます。

骨盤が後傾すると、下行性の運動連鎖で大腿骨は外旋していくからです。

 

 

そうして大腿骨が内旋できなくなった為に、下腿は足部を介して固定されているにもかかわらず、強制的に

外旋しようとするのです。

 

 

この状況で下腿外旋をするのであれば、足部の外側アーチをつぶす選択を取る必要があり、

後足部は回外し、足部外側のアーチが潰れれば、内側のアーチも付随して潰れていきます。

 

 

また、脛骨が外旋すると外側へ傾斜すると言われており、大腿骨に対して脛骨が外側に偏位して

いきます。

 

 

そうすると、腸脛靭帯、大腿筋膜腸筋は過度に緊張していきます。

RIOSベーシックセミナーでもお伝えしていますが、大腿筋膜腸筋と他筋間の硬さは股関節内外旋の可動域

制限を引き起こします。

 

悪循環が続いてしまっていますね。

 

ですので、SHM獲得の為のアプローチとしては、

骨盤後傾位での動作の修正、足部アーチの形成、大腿骨内旋の可動域改善を中心に

行ってみると良いと考えられます。

 

 

RIOS評価としてはスクワットでの骨盤や股関節の動きや足部の動きを確認して、治療ポイントに対して

アプローチできればと思います。

 

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。