こんにちは!

さて前回は、スポーツ選手専用の評価や治療テクニックというのは存在しないのではないかということについて発信させていただきましたが、皆さんはいかがでしたでしょうか。

今回もその理由についてもう少し掘り下げて発信していきたいと思います。

前回は関節可動域について発信しましたが、事実、私も関節可動域だけで全てわかるわけではありません。
そんなセラピストもいるかもしれないですが、少なくても私にはできません。。。
ではどうするか?
可動域制限があれば、長さ-張力曲線から筋出力も低下していることが予測できるので、関節可動域の制限と筋出力の低下がリンクしているところを探していきます
筋出力が低下していれば、パフォーマンスが低下することは容易に予測できると思います。
だから私たちは、運動療法というものを駆使して筋出力を増大させていくわけです。

ただその際に、筋出力は可動域制限があるために上手く発揮できていないとするならば、いわゆる筋トレが逆効果になる可能性もあるということです。
もしくは運動療法の効果が出にくいか。
1つの評価からいくつも情報はとれますが、その評価同士をいかにリンクさせて、根本を見つけていくかといところが重要だと感じています。

こういった評価の擦り合せをしていくと、エラーが起きにくくなり、更には傾向というものが掴めてきますので評価→推論→検証→評価のスピードが上がって行きます。

RIOSがベーシックセミナーで教えている治療はそんなに難しいものではありません!!
ではなぜそれがナショナルで求められ、プロ、アマ問わずに求められ、育成年代に求められ、臨床でも結果がだせるのか?

それは間違いなく、評価からの推論を選手と共有できているからだと感じています。
それはRIOSの概念でなくても同じことだと思います。
私たちが学生の頃からやってきた評価、統合と解釈を飛ばさず、訴えから治療という最短距離での治療を一度見直してみてください。
やり込めば半年~1年後にその意味がわかると思います!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。