本日は、腰椎骨盤リズムの動き 後屈動作についてお伝えします。

 

 

前回は、前屈動作についてのチェックポイントをお伝えしました。

今回は、後屈動作についてですが、前屈動作同様、動きのパターンがあります。

 

 

後屈での動作を評価する際には、股関節、骨盤の可動性、胸椎、胸郭の可動性に注目して評価しています。

 

 

股関節と胸椎、胸郭に挟まれた腰椎は、どちらかの動きが悪いことで、制限され、代償するように過剰に動き、疼痛を誘発しやすいと考えています。

そのため、どこの動きが阻害されているか注目して評価することが大事になってくると考えています。

 

 

【チェック】

・  後屈をおこなってもらい、腰椎、骨盤の順に動いているかを確認する。

 

・  腰椎の動きが阻害されている腰椎の前弯が小さく、骨盤、股関節の可動性が大きくなっている。

 

・  骨盤の動きが阻害されている︎腰椎の前弯が大きく、骨盤、股関節の可動性が小さくなっている。

 

 

・  後屈時にASISに指を当て、後屈してもらい、左右同じようにASISが動いていくかを確認することで、大腿前面が制限因子となっているということを把握できる。

 

・後屈時に肋骨下縁に指をあて後屈してもらい、肋骨が広がりながら後屈出来ているかを確認する。広がりながら後屈出来なければ、腹筋群が制限因子となっているということを把握できる。 

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。