臨床やスポーツ現場に活かせる情報がいち早く手に入るRIOS公式メルマガ
(メルマガ限定の情報も満載!)
登録はこちらから

今回は、腰椎ヘルニアの運動療法についてお話しさせていただきたいと思います。

ヘルニアの病態、特徴として、椎間板内圧の上昇により、髓核や線維輪が脊柱管内や椎間孔内外に突出することにより馬尾・神経根を圧迫し、症状を呈します。

椎間板は後方への脱出が多く、脊柱屈曲動作にて髓核の後方移動は大きくなり、症状が重症化していくと思います。特に屈曲時に生じる疼痛に対しての運動について整理していきたい思います。

・アライメントの確認
腰痛を訴えられる方の特徴として、姿勢のマルアライメントがある場合が多いと考えます。
それは疼痛を回避して、痛み少ない姿勢を取りたいために無意識に行われているものである考えられます。そこから筋スパズムなどを生じ、疼痛の悪化につながり悪循環につながっていきます。わずかな回旋や側屈などがある場合には、それを徒手的に修正し、症状の確認を行い、治療方針を決定していくと確実かと考えています。

・筋力強化
腸腰筋:腰椎と下肢を連結している筋肉になりますが、腰椎の垂直安定化に関与し、生理的な腰椎の前弯を保つための筋肉です。腰椎前弯が消失すると後方組織への負担が大きくなり疼痛を増大する可能性もあります。
トレーニングとしては、座位となり、脊柱を可能な限り伸展し、股関節を屈曲し、その大腿部に手を置き、手と大腿部の力比べをするように股関節をしっかり屈曲します。

多裂筋:腸腰筋同様、脊柱の安定化に作用する筋とされています。脊柱の伸展に対するモーメントは大きくないため、粗大な伸展運動には大きくは関与しません。
トレーニングとして、脊柱を伸展位とした四つ這いとなり、あらかじめ一側上肢を挙上したうえで、反対側の股関節を屈曲位から膝関節を伸展させつつ、伸展さます。この対角線上下肢挙上を同時に行うことにより脊柱の安定化に重要な役割を果たす多裂筋、胸腰筋膜、大臀筋の協調した筋活動を得ることができます。

・可動性
ハムストリングス:ハムストリングスは坐骨結節から起始し、脛骨に付着する筋で、膝関節屈曲と股関節伸展に作用します。不良姿勢の特徴として骨盤後傾が挙げられると思いますが、ハムストリングスのタイトネスも骨盤の後傾に関与していると思います。特に坐骨周囲の起始部や、内外側のハムストリングス間に制限がある場合が多いと考えます。

大臀筋:腸骨後面、仙骨、仙結節靭帯から起始し、大腿骨に付着します。股関節伸展、外旋に作用します。股関節伸展とともに大臀筋は上方へ移動すると思いますが、タイトネスがあると骨盤後傾が助長されます。タイトネスの他にムストリングスとの癒着仙結節靭帯との癒着から、大臀筋の伸張性も制限されていることが多いと考えられます。

腹筋群:腹筋群は胸郭から骨盤までまたぐ筋で、脊柱の屈曲に作用します。腹筋群のタイトネスは、胸郭の拡張も制し、脊柱の伸展を制限します。また、脊柱の屈曲を助長し、疼痛を発生する一つの原因とも考えています。

以上のようなことから、アライメントの確認から、目的となる運動方向を決定し、筋力、可動性を改善し、的確なアライメントを獲得することが、治療をする上で、大事なことになると考え、治療に当たっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。