みなさんこんにちは。

前回は、病態についてお話しし、腰部椎間板ヘルニアは、椎間板の髓核や線維輪が膨隆、脱出

することにより、神経根や馬尾神経を圧し、腰・下肢痛を引き起こし、加齢に伴うものから、スポーツなどの力学的負荷による損傷が多いとされており、症状の特徴的なものとして、下肢

に放散する痛み、感覚障害、筋力低下、深部腱反射の消失などの神経根障害が認められ、多く

片側の症状であることが多いということをお話しさせていただきました。

 

 

 

今回は、ヘルニアに対する整形外科テストについてお話しさせていただきたいと思います。

 

 

 

下肢伸展挙上テスト(SLRテスト)

  • 患者を背臥位とし患肢を伸展し他動的に挙上していき、70°以下で下肢に放散する痛みが誘発されれば陽性とされます。
  • 腰椎に局所痛を訴えれば椎間板損傷を疑い、下肢への放散痛を訴えれば坐骨神経痛を疑います。
  • このテストは、坐骨神経、脊髄神経根の一部を伸長することで疼痛を誘発するテストです。一般的に下肢挙上90°でL5神経根の移動距離は12mm程度されています。
  • また、大腿後面に限局した鈍痛を訴える時はハムストリングスの拘縮を考慮し、症状と鑑別が必要になってきます。

 

 

ブラガードテスト

  • 患者を背臥位で、下肢伸展位で痛みが生じるまで挙上し、その肢位で下肢をわずかに下降させ、足関節を背屈させます。痛みが誘発されれば陽性とされます。
  • 足関節の背屈は腓腹筋を緊張させ、その連動として神経根を伸張せます。
  • ハムストリングス、腓腹筋の伸張痛との鑑別が必要となってきます

 

 

ケンプテスト

  • 座位または立位で、体幹を回旋させながら、後方へ伸展させます。(回旋側への側屈となります。)
  • 陽性の場合、神経根症の疑いが考えられます。
  • 椎間板の損傷、ヘルニアによる神経圧迫が椎間板内側部にあるか、外側部にあるかを鑑別します。
  • 側屈側に痛みを訴えた場合椎間板が外側部の損傷を疑い、伸張側に痛みを訴えれば椎間板内側部の損傷を疑います。

 

 

 

今回は、検査法についてお話ししていきました。

テストにより、陰性、陽性という、結果は得られますが、その結果がどのような原因で、

メカニズムで生じているのかというところを考えることが大切になってくると思います。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。