今回は、腰椎分離症の臨床上での特徴についてお話ししていきたいと思います。

 

 

腰椎分離症とは、腰椎椎弓を構成する上・下関節突起の間の関節突起部の連続性が断たれた状態を言い、腰椎の屈伸、回旋ストレスが繰り返し加わることで椎弓が疲労骨折を生じます。

 
 

椎弓の骨折ということで、いかに椎骨にかかるストレスを軽減できるかがポイントだと考えています。そこで、最初に感じるのは、骨盤の傾きです。上下に連続した椎体が、前後への剪断ストレスにより腰椎に過剰な前弯が生じると思います。そこで、骨盤に注目したときに前傾を呈している場合と、後傾を呈している場合があります。

 

 

まず、前傾を呈してる場合は、股関節が屈曲し、腰椎の前弯が増強しています。

骨盤の前傾を助長する、前方に付着する筋肉、大腿直筋、縫工筋、大腿筋膜張筋、腰椎と下肢とを繋ぐ腸腰筋が過剰に働いていると感じます。さらに、腰部背筋群も過剰な筋スパズムが生じています。

 

 

さらに、骨盤が後傾を呈している場合は、大臀筋、ハムストリングスの伸張性が低下し骨盤を後傾させ、腸腰筋が機能せず、腰椎の前弯を頼りに重心は後方へ変位し、胸椎の後弯を増強させることで重心位置を保ってると考えています。

 

 

このような特徴がある中、体幹を伸展させると、椎弓や椎間関節にかかるストレスが増強され、疼痛を誘発し、さらに椎体の剪断力が強くなると滑り症へと変化し、神経症状の誘発も考えられてきます。

体幹の屈曲動作でも、傷害部位のストレスであったり、腰部背筋群のスパズムによる伸張時痛などにより、疼痛が生じてくると考えています。

 

 

以上のようなことから、過剰に繰り返される運動、動作により椎体への影響が傷害へとつながってきますが、それを誘発する原因の一つに各筋群の伸張性低下などが影響していると考えています。

 

 

次回は、姿勢に影響を与える筋群についてお話ししたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。