今回は胸椎可動域制限が腰部に与える影響についてお伝えします。

以前もお伝えしたかと思いますが、臨床現場やスポーツ現場での腰痛や腰部の違和感を訴える方を多く経験されるかと思います。

 

 

その原因の一つに胸椎の可動域制限がある方が非常に多いと考えます。

様々なスポーツ動作でも、普段の日常生活でも、体幹をup lightさせることが望ましいと考えます。

up lightさせるには脊柱の可動性が必要になってきます。それは生理的な弯曲を保つということになります。

 

 

そこで重要になるのが胸椎ではないかと考えます。

胸椎は後弯を呈していますが、その後弯が助長されると、体幹は前傾してしまいます。

胸椎の後弯を代償しようと腰椎が過剰に伸展し体幹をup lightしようとします。

また、胸椎は回旋可動性に富み、その一翼を担っていますが、後弯が増大することで、回旋可動性も制限され、回旋可動性の乏しい腰椎回旋の増大股関節回旋の増大などで代償することにより、非特異的な腰痛であったり、腰椎ヘルニア、腰椎分離症、股関節の疼痛など生じてくると考えています。

 

 

胸椎の可動性制限がどのように動作に影響を与えているかを動画で簡単にご説明しています。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました。