本日は、胸椎伸展の可動性の評価についてお伝えします。

 

 

これまでは、胸椎の伸展可動性には、胸郭の拡張回旋の可動性が必要ということで、回旋の動きや、側方への胸郭の可動性についてお伝えしてきました。

今回は、伸展時の評価についてお伝えしていきます。

 

 

脊柱の伸展動作は、もちろん、頸椎、胸椎、腰椎どの分節の可動性も備わっていることが理想です。しかし、頸椎や腰椎といった部分に負担をかけている場合が非常に多く診られるように感じます。

 

 

特徴としては、やはり胸椎の可動性が乏しい場合が多く、頭部前方突出位や、腰椎の過剰な前弯での代償など生じていると、臨床やスポーツ現場で感じています。

 

 

 

【ポイント】

  • 腹臥位となり、胸椎の後弯の頂点を確認する
  • On handでパピーポジションをとり、胸椎の伸展可動性と、どのレベルで伸展が大きく生じているかを確認する
  • 腰椎に近いレベルではなく、中位レベルでの伸展可動性がある、きれいなCの字を描けているなどを評価していく
  • 疼痛など生じている場合などは、On elbowとし負担が少ない状態で評価する
  • On elbowでは胸椎の評価、On handでは腰椎を含んだ評価として考えている

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。