みなさんこんにちは。今日は胸椎・胸郭が腰痛に与える影響についてお話ししたい

と思います。

 
腰痛の原因として、腰椎捻挫、腰椎挫傷、退行性変性、椎間板ヘルニア、筋筋膜性
腰痛など様々な疾患があるが、原因の特定がされていません。
中でも機械的なストレスによって症状が増悪するものとして、仙腸関節の運動異常、腰椎の運動異常のいずれかが機械的腰痛に関わっていると考えます

また、骨盤、下肢、胸郭との運動連鎖の影響を受けることから、接的な要因も

関連してきます。

 

特に、腰椎の運動異常による腰痛には、骨盤と胸郭に挟まれており、その機能異常

により腰痛が発生していると考えられます。

私たちには利き手、利き足とあり、日常生活やスポーツ動作などにて、非対称的な
姿勢をほとんどの人が取っているのではないかと考えます。

非対称的なアライメントが存在すると、一軸性であるはずの脊柱の前後屈運動が、

側屈や回旋の要素が混入した多軸性の運動となり、椎間板や椎間関節などに応力

集中が起こりやすい状態となり、疼痛や筋疲労など生じるのではないかと考えます。

 
今回は胸椎・胸郭ということで、胸郭は、胸椎の運動と連動し動きます。
特に下位胸郭の動きは重要であると考えています。
上位胸郭は前後に、下位胸郭は横径に動きます。
下位胸郭には
腹直筋、腹斜筋群、腹横筋の付着部を成します。これらの筋肉や軟部組織の過緊張
や拘縮が存在すると可動性が低下し、円背姿勢を助長します。特に中高齢者の姿勢
には重大な影響及ぼしてきます。

体幹の前屈や後屈時に腰痛を訴えられることも少なくないと思いますが、円背の

ような屈曲姿勢を呈していると、起立筋群での支持か靭帯や関節包などといった

非収縮組織での支に替わり、反射的に起立筋群や多裂筋の筋活動が生じると

されており、さらに筋活動が生じ、筋活動量の増加、筋スパズムが生じ、屈曲時や

屈曲型腰痛の要因となっているのではないかと考えています。

 
また、伸展時の腰痛に対しては、腰椎伸展に伴い、胸椎・胸郭も伸展、拡張します。
その際に、下位胸郭に付着する腹筋群や軟部組織の過緊張や拘縮が存在すると
胸郭は下方へ閉鎖し、腰椎を伸展した際、下位胸郭が拡張せず、胸椎の伸展が制限
され、腰椎の伸展可動域が代償すると考えます。
そうすると、腰椎の伸展により、椎間関節や椎間板後方へのストレスが増大します。このような制限下の中伸展動作を繰り返し行うと椎間板高は減少し、椎間関節
へのストレス増大へとつながりますし、筋スパズムどにより、腰痛を誘発して
いるのではないかと考えます。
 
以上のようなことから、腰痛には、胸郭の可動性が重要になっているのではないか
と考えています。

特に姿勢から筋や軟部組織の変性も起こりやすく、可動性に影響も与えてきます。

また、むやみやたらなクランチ動作などの腹筋運動にて腹部への過緊張を与える

ようなトレーニングも可動性を低下させる可能性があります

 
最後までお読みいただきありがとうございました。