今回は、股関節屈曲に伴う腰痛についてお話ししていきます。

最近、立位での前屈以外にも、ベッド上臥位での股関節屈曲時の腰痛を訴える方が多いです。

その中でも特徴的なものをまとめてみたいと思います。

 

 

股関節屈曲の際に骨盤の後傾が生じる場合

 
可動域のチェックの際に、必ずと言っていいほど確認する股関節屈曲だと思いますが、純粋な股関節屈曲が生じていないことが結構あると思います。その時に盤の後傾が伴ってくると思います。その際に腰部の筋や靭帯、関節包が伸張ストレスを感じることで腰痛が生じていると考えています。

その原因として、大腿後面、臀部周囲の滑走不全が生じていることが原因の場合が多いと感じます。

まずは、大臀筋の滑走不全。股関節屈曲に伴い、大臀筋は上方に滑っていかないといけませんが、仙結節靭帯や大腿二頭筋、外側広筋といった組織と癒着を起こしているケースが多いです。

また、ハムストリングス自体の伸張性低下もあります。坐骨結節に付着部を持つため、屈曲に伴い骨盤も一緒に後傾方向に動くことが起こります。

 

 

股関節屈曲と反対側の腰部に痛みが生じる場合

 
股関節屈曲と反対側の腰部の痛みを、訴えられる方がいます。

動きのチェックのときに感じるのは、大臀筋自体の伸張性が低下していると感じることがあり、大臀筋は仙腸関節をまたいで付着するため、拘縮を起こしている大臀筋に引っ張られ、反対側の仙腸関節に離開ストレスが生じることで反対側に痛みが生じているのではないかと考えています。

その場合、拘縮を起こしている大臀筋の仙骨付着部や、仙結節靭帯、大臀筋と梨状筋間などのリリースを行うことで、動作時の抵抗も消え、疼痛も消失します。このようなケースでは、仙腸関節を安定化させる腹横筋、多裂筋と言ったインナーマッスルが機能不全を起こしていることがほとんどではないかと感じます。

 

 

過剰な前弯による股関節屈曲時に痛みが生じる場合

 
過剰な前弯にもたらされる腰部の痛みは、皆さんご周知の通り、椎間関節へのストレスが痛みを生じていると考えられています。

この場合、腰椎を過剰に前弯させる因子は色々あると思いますが、腰椎、骨盤周囲で考えると、脊柱起立筋、腸腰筋、大腿直筋の過剰収縮が骨盤前傾、腰椎前弯を助長していると思います。

脊柱起立筋の下には腰方形筋、腹横筋があり、癒着が起こりやすい部分かと感じます。また、腸腰筋、大腿直筋のタイトネスもありますし、大腿筋膜張筋と外側広筋の間も癒着を起こしやすいポイントかと思います。大腿筋膜張筋は骨盤に付着を持つため、骨盤前傾の作用を持つので、考えられると思います。

 

 

股関節屈曲に伴う腰部の痛みがある場合、以上のような特徴を持っている症例が多いように感じます。抵抗を感じた部分を丁寧にリリースすることで、痛みの改善がはかれると思います。

 
 
最後までお読みいただきありがとうございました