今回は股関節伸展に伴う腰痛が生じる現象についてまとめてみたいと思います。

 

 

股関節伸展に伴う腰痛が生じる場合は、腰背部筋のスパズム腰椎伸展に伴う椎間関節への圧迫に伴う接触圧の上昇靭帯のインピンジメントなどが考えられます。

 

・股関節伸展に伴い腰椎が前弯する

股関節が伸展する場合、骨盤上での大腿骨の伸展の動きが生じますが、多くの人は、骨盤の前傾も伴い大腿骨の伸展が生じるように感じます。

そのような場合、股関節屈筋群の拘縮が生じています。

大腿直筋や腸腰筋はご存知のように、腰椎の前弯を過剰にします。

また、大腿筋膜張筋は股関節の屈伸軸をまたいで走行するため、拘縮が生じると股関節の伸展が制限され、代償的に骨盤の前傾が生じ、腰椎のストレスが出現すると考えられるため、しっかりと柔軟性を確保したい筋肉になります。

 

 

 

・仙腸関節の可動性の減少

骨盤の前後傾運動には仙腸関節の可動性も関与していきます。

腰椎の前弯が増加する動きは、骨盤の前傾になりますが、寛骨の前傾に伴い仙骨は相対的に後傾をしなければいけません。そうすることで、仙骨上にある腰椎にも影響が生じてきます。寛骨に伴う仙骨の動きが行われず、仙骨も前傾してしまうと、腰椎も一緒に前弯を強めてしまいます。仙骨後傾を制限する後仙腸靭帯仙結節靭帯の伸張性の低下、大臀筋などの臀部筋の拘縮があると仙骨の可動性を阻害してくるため、評価が必要であると考えます。

私が確認する際には、腹臥位にて仙骨を圧迫して可動性があるか、位での前屈、後屈、側屈にて仙骨が動いているかをチェックしています。

 

 

・筋機能低下により骨盤前傾、腰椎が前弯する

骨盤を後傾する筋肉の代表的なものとして、腹筋群が挙げられます

固定された骨盤上の大腿骨の伸展が理想ですが、腹筋群の筋力低下により骨盤固定が出来ず、前傾し、腰椎も前弯が生じることをよく見かけます。後傾作用を誘導する腹筋筋力はもちろんのこと、腰椎の垂直安定性に貢献する腹横筋の機能も大事になってき、非常に意識しづらい筋肉で、意識下でしっかりと反復したトレーニングが必要になります。

 

 

以上のようなことが、複雑に絡み合い、腰部への負担が増大していると考えます。まずは、どのような姿勢や動作で痛みが軽減するか、楽に動けるかということをしっかりと見つけ、その動きを獲得できるように意識していくことをいつも心がけています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。