今回は股関節をしっかり使ったスクワット動作について発信していこうと思います。

 

 

RIOSのベーシックの評価にもあるように、スクワットはスポーツ動作やADL動作を分解した基本動作です。 

その動作をどのように評価していくかということを解剖学的な視点と合わせながら説明していきたいと思います。

 

 

まず、股関節がしっかりと使えているかどうかをみる!とよく言われることだと思うのですが、その状態が何を指しているのかです。

 

 

私が着目するところは、

股関節の屈曲(主に大腿骨の動く量)と骨盤の前傾が同程度動いてきているかということです。

 

 

股関節が中に入り込んでいくイメージです。

こういった動きができているかを確認して下さい。

 

 

 

上手く股関節を使って大腿骨の遠位を脛骨に押し込み、圧縮力を用いて膝を安定させることができれば、脛骨がほとんど前傾せず、臀部を沈めていくことが可能となるでしょう。

 

 

この股関節−骨盤の動きが出てこないことで膝関節に弊害が起こります。

この圧縮力を用いずに膝を安定させようとすると、下腿は過度に前傾し、大腿四頭筋に頼って膝を固定しようとしてしまいます。

 

 

大腿四頭筋、ここでは大腿直筋を指しますが、脛骨に付着していますよね?

そうすると膝関節には圧縮力の他に剪断力が働いてしまいます

 

 

剪断力が働くことで、脛骨は前方にズレていきます

 

 

大腿四頭筋をメインに使ったスクワットでは、その角度が増していくにつれて剪断力が強くなり、大腿骨と床が平行になるところまで臀部が沈み込まないのではないでしょうか?

 

 

余談になりますが、スクワットで大腰筋が賦活されるポジションは、この大腿骨が床と平行になるフルスクワットの状態の時です

 

 

したがって、トレーニングとしてスクワットを利用している時に、圧縮力を用いて膝を安定させるパターンを利用できていないと、大腰筋がトレーニングできていないだけではなく、膝関節に剪断ストレスが加わり、安定もしません。さらには繰り返しのストレスにより脛骨が前方に変位する可能性も高いです。

 

 

また、RIOSの股関節屈曲の筋出力評価をしてみると、スクワットが上手くできない方の多くが筋出力の低下を示すと思います。

 

 

筋出力は出ているとすれば、その筋出力評価時の骨盤の位置や背部での代償をもう1度確認した方が良いと思われます。

 

 

評価の精度は大事にしていきたいですね!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。