みなさんこんにちは。

前回は、筋の緊張や硬さが骨盤前傾姿勢に与える影響としてまとめていきました。
 

今回は、後傾方向に作用する筋肉について整理していきたいと思います。

腰痛を訴える患者さんの中には、骨盤が後傾位を呈している方も少なくないと思います。それに伴い、腰椎も後弯し、腰背部筋や靭帯などの支持となり、スパズムを生じ腰痛が発生しているということが考えられると思います。

そこで、骨盤後傾を助長する筋肉を整理し、治療でのポイントをまとめていきたいと思います。

 
 

 

大臀筋

大臀筋はご存知の通り臀部の筋肉です。

起始の違いにより、浅層と深層に分けられます。

腸骨稜、上前腸骨棘、胸腰筋膜、仙骨、尾骨から腸脛靭帯に付着す浅線と、後臀筋線の後方、仙結節靭帯、中臀筋筋膜から臀筋粗面に付着する深層があります。

股関節伸展、骨盤後傾の作用を持ち、外転、内転、外旋の作用を兼ね備えています。

腸骨から大腿骨に付着するため、股関節を屈曲した際に大臀筋は伸張します。

しかし、大臀筋の拘縮などあると、股関節を屈曲した際、骨盤後傾を助長し、制限因子となります。また、筋機能にも大きく影響してくると考えられます。

伸張性のチェックポイントとしては、臥位にて股関節を屈曲していく際に、対側の耳に膝を向けて屈曲してくことで大臀筋の抵抗を感じることが出来、その抵抗の程度により伸張性を判断するようにしています。

 

 
 

ハムストリングス

ハムストリングスは、半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋の3つの筋から構成されています。

坐骨結節から脛骨粗面内側に鵞足に付着する半腱様筋、坐骨結節から脛骨内側顆内側部から後部、漆窩部の軟部組織に付着する半膜様が内側にあり、坐骨結節から腓骨頭へ付着する大腿二頭筋があり、また、短頭は大腿骨粗面外側唇から長頭腱を介し腓骨頭へ付着します。

作用として、股関節伸展、膝関節屈曲、内・外旋が主です。

付着部から大腿骨が固定されると相対的に骨盤を後傾します。

大臀筋同様、股関節屈曲時の抵抗を感じることで、ハムストリングスの伸張性を感じ取ることができるときがあります

特にSLRは有効な評価かと考えています。抵抗感を起始、中間、停止付近で感じるようにしてみると、どこの部分が制限になっているかがわかると思います。

起始部では大臀筋がハムストリングスを覆うようになることから、両筋の癒着も考えられます。中間部では、内側と外側のハムストリングスの分離性など重要です。

 

 
 

腹直筋

腹直筋も骨盤に付着を持つことから骨盤後傾作用を有しています。

恥骨結合、恥骨結節から第57肋軟骨、剣状突起に付着します。

骨盤が固定されているときは上体を起こすように作用し、胸郭が固定されているときは、骨盤を後傾するように働きます。

腹筋の過剰収縮は体幹を後屈するように働き、腰椎の扁平下、後弯を助長します。すると、最初に述べたように背筋群の筋スパズムの原因となることがあります。

 
 

以上のような筋群が骨盤後傾を助長し、後傾型、フラットバックといったような姿勢を助長してくると考えます。

まずは、しっかりと観察し、実際にどの筋肉が大きく影響しているかを他動的に動かし評価します。可動域の制限因子の詳しいポイントやアプローチは、RIOSセミナーにてお伝えしています。

可動性を十分確保し、前面と後面の筋群のバランスを保ちながらトレーニングすることで、理想なアライメントに近づき、腰痛の解消、予防にもつながると考えています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。