前回はRIOSの基本動作の評価でもあるスクワットについて発信させていただきました。

 

今回は片脚立位での股関節の適合性について発信していこうと思います。

 

皆さんは片脚立位を見る際にどんなところに着目して評価をしていますか?

片脚立位はRIOSの基本動作評価にも含まれており、スポーツのみならず、片脚立ちの不安定性は日常生活

動作にも影響を与えることは容易に理解できることかと思います。

 

股関節自体の適合性が良いポジションというのも文献的に証明されており、

・  股関節屈曲+外転+外旋

・  股関節伸展+外転+内旋

であるというのは、すでにご周知の方も多いかと思います。

 

一方で股関節内転方向、つまり片脚立位での骨盤のLateral Swayでは股関節の適合が悪く、さらに骨盤

の後傾が加わると骨頭が前方へ押し出される方向に負荷をかけてきます。

 

これは股関節周囲の手術後(大腿骨頸部骨折など)だったり、スポーツ選手で言えば鼠蹊部痛を有する患者

様に多く見られる傾向があるかと思います。

 

同時に反対側の骨盤を見ると下制している。

ここで皆さんはどう考えますか?

  

トレンデレンブルグ徴候!股関節外転筋力の低下!

よし、じゃあ中臀筋を筋力トレーニングしよう!!

 

と安易に決めつけてしまうのは、少し早い気がします。

  

なぜならこういった患者様の多くに、股関節の回旋可動域に制限が見られるからです。

 

股関節回旋筋群は、内旋筋、外旋筋がちょうど良く働くことで安定していきます。

 

ちょうどいい具合というのは、さすがに評価できないので可動性を見てみましょう。

そこで左右差があれば、硬い方に柔軟性の低下及び、基本動作の安定性の低下を認めると思います。

 

筋出力は?というと、

正直低下していたり、いなかったりします。なぜなら内外旋が動作時にちょうど良く出力することが重要

であり、単に筋出力が強ければ安定するというものでもないからです。

 

可動域に左右差があれば、このちょうど良

く働く、いわゆる協調性というものが破綻

している可能性が高いです。

 

ですのでまずは、教科書的なトレンデレンブルグ徴候=中臀筋出力低下というのもの頭に入れながら、

1つずつ可動性も見てみてください。

 

考えることのショートカットは非常に楽ですし、文献的にも当てはまっているので疑う余地はないのですが、エラーが起こりやすくなるということもあるのでショートカットせずに評価していくことをお勧めします。

  

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。