皆さんこんにちは。

前回は、ボードの上にくっついているものは、ということで、足関節、主に距腿関節について

お話しさせていただきました。

スノーボードは、前額面上に進行する訳ではなく、どちらかというと、矢状面方向に進行する

横乗りスポーツですので、足関節の底背屈だけでは不十分であると考えられます。

 

スノーボードは足がボードにくっついていますので、

その中で重要になる動きが、

距骨下関節、横足根関節での回内外運動

になります。

 

ターン中に進行方向に対して、圧をかけないと切れ味のいいターンは完成されません。

レギュラースタンス(左足が前)の人は、背中側にターンする際には下肢を左に、前側に

ターンする際には下肢を右に回旋すると思います。(その方のライディングスタイルにより

程度はかわります。)

 

この時、生じるのが、距骨下関節での回内外運動です。
下肢が左に回旋(外旋)するときは回外し、右に回旋(内旋)するときは回内し運動連鎖が
生じ足部での回旋が生じます。
 

距骨下関節は、踵骨の上に距骨が乗り関節を構成しています。距骨下関節には関節面が3つ

ある場合や、2つしかない場合などあり、可動性に影響しています。距骨下関節の動きを

生じる筋肉として、回外時には後脛骨筋や前脛骨筋、回内時には腓骨筋が主に働きます。

選手それぞれ足の形状は違い、回外位を呈している人も入れば、回内位を呈している人も

います。私は、できる限り、足部はニュートラルな状態にあるほうがいいと思っています。

それは、二つの方向にターンしなければならず、どちらも均等にターンをしなければいけない

からです。そのため、可動性をしっかり出すため、制限因子をしっかり見つけることが重要に

なると思います。関節の滑りが悪いのか、筋自体の滑走性が悪いのか。まずは、非荷重の

状態で動きが出るかが重要だと思います。可動性が出たら、その動きを維持するだけの

筋出力も必要になると思います。

 

 

また、距骨下関節が動いても、ターン中にブーツの中で足底が回旋方向に動いてしまっては、

雪面に対して圧をかけることができません。その際、足底をブーツの中でしっかり安定させ、

力を逃がさないように、相対的に前足部が距骨下関節を含めた後足部とは逆方向に

回旋します。

ですので、背中側にターンする際には後足部は回外し、前足部が回内、前側にターンする際には、後足部が回内し、前足部が回外します。

ということから、底背屈の動きに加え、足部の回内外の可動性が重要であるということ

です。

 

スノーボードは、ターン中に雪面に対する圧を均等に加えることが重要です。
ターン中、この足部の可動性が少ないと、ボードへの圧が点で加わり、力任せのターンと
なり、エッジが雪面から抜け、転倒する原因になります。ですが、足部に柔軟性がある
ことで、雪面を面でとらえることができ、抜けのない滑らかなターンができると
思います。

 

以上のような評価から、可動性をしっかりと出し、選手に認められている評価・治療をRIOS

ミナーにてお伝えしています。興味のある方はぜひご参加ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。