「小転子に乗る」

 

こんにちは!

前回のメルマガでは的確なライディングポジションを見つけるための方法として

フィールドでのスクワットから体幹

股関節が十分に動くポジションを見つけていく方法を発信させていただきました。

 

 

では今回は、ライディングポジション及びスクワットを行う上で、意識する場所について発信していきたいと思います。

 

 

ずばり小転子を意識して重心をそこに落とすようにスクワットしてみてください。

 

臀部が落ちたところで、体幹を回旋すると、安定して回旋運動が行えると思います。

 

ためしに小転子に乗らないようにスクワットし体幹を回旋してみるとどうでしょう?

回りづらさを実感できることと思います。

 

 

まずは難しく考えずにやってみて下さい!

 

 

どうでしょうか?実感できますか??

 

 

この小転子に乗った中での体幹回旋のやり易さはなぜ起こってくるかというと、

大腰筋とハムストリングス上部が活性化するからだと考えられます。

 

大腰筋はその走行から股関節の屈曲と外旋の作用を担います。

一方、内側ハムストリングスはその走行から伸展と内旋の作用を担います。

また外側ハムストリングスはその走行から伸展と外旋の作用を担います。

 

 

大腰筋と内側ハムストリングスは互いに拮抗筋として作用し、体幹下肢を繋ぐ軸ができます。

この軸の上にしっかりと脊柱が乗ることで、脊柱は軸という基準を見つけ、体幹の回旋をより安定させたものにすると考えられます。

 

 

体幹の回旋運動はスノーボーダーのジャンプに大きく影響を与えます。

それはしっかりと脊柱が回旋せずに体幹を回旋させようとする際に上肢で代償することが考えられるからです。

 

 

この状態では回旋しようとする同側の腹斜筋の遠心性収縮が十分に得られず、体幹が同側に崩れ、上方への推進力が失われてしまった結果、転倒に繋がってしまうリスクが増えていきます。

 

 

ですので小転子を意識することでパフォーマンス向上のみならず、怪我の予防にも繋がっていくのではないかと考えます。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。