前回、外腹斜筋の緊張が弱くなることが、姿勢の変化に影響を与えているということをお伝えさせていただきました。

今回は、外腹斜筋の緊張を増大させるエクササイズを動画とともにご紹介させていただきます。

 

 

【方法】

・  背臥位となり、両膝を立てた状態とし、腰部の下に手を入れる。

 

・  骨盤を後傾させ、手を腰椎でしっかりと圧迫する。

 

・  下腹部の収縮を抜かないように下肢を前方にスライドさせる。

 

・  そのまま下腹部の収縮を抜かないように下肢をスタートポジションに戻す。

 

 

外腹斜筋には、骨盤後傾作用、胸郭と骨盤を近づける作用を持ちます。

腹部に力を入れるのですが、胸郭と骨盤の距離を近づける意識よりも、胸郭と骨盤を少し離すような、遠心性収縮のイメージを持って実施すると、効果的です。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。