本日は、側方リーチ中の胸椎・胸郭の可動性の評価についてお伝えします。

 

 

この評価は、側方へリーチをする動作になりますが、胸椎側屈、肋間の拡張の動きが必要になってきます。

 

 

肋間が広がることで、胸椎の側屈が生じますが、肋骨が一塊として動くのではなく、1本1本ズレるように動くことが重要であると考えています。

そうすることで、体幹を回旋した際に、腰椎での回旋の代償の軽減胸椎伸展の可動性の向上胸郭の拡張の幅が広がってくることにつながると考えています。

 

 

【ポイント】

  • 座位になり、リーチする方の上肢を外転90°、反対側の手を腰に当てる
  • リーチ側の臀部に体重を乗せながら、側方へリーチしていく
  • 上肢だけ側方へ伸びていないかチェック
  • 肩のラインと骨盤のラインが平行にリーチ出来ているかチェック
  • 肋骨が一塊として動くのではなく、肋骨が側方へズレるように動いているかチェック
  • 反対側の骨盤を挙上していないかチェック

 

最後までお読みいただきありがとうございました。