今日は、体幹の運動と動作特性ということについてお話ししたいと思います

我々社会人から、高齢者、アスリートまで、背部、腰部の違和感や疼痛というのは

経験があると思います。

違和感、疼痛が出現する特性として、脊柱を伸展した場合屈曲した場合回旋
した場合とあると思います。

 

 

まずは、屈曲時の特性についてお話ししましょう。

脊椎の特徴として、主に屈伸運動のメインとなる腰椎ですが、椎間関節の関節面が、矢状面を向くため、屈曲・伸展の矢状面方向の運動が行いやすく、回旋、側屈は

関節面の接触により制限されます。

 

 

腰部に違和感や疼痛がある人の動作の特徴として、FFDなどにて床に手を着こうと
すると、脊柱の動きが(屈曲)最初に生じる傾向が多いと感じます。
私たち人間は、体幹を屈曲する際、股関節を約40°屈曲させ、ほぼ同時に脊柱が
約70°屈曲し、体幹を前下方へ倒すというような、腰椎骨盤リズムという動きに
より屈曲させるとされています。

私がよく経験するパターンは、脊柱の屈曲が先に生じ、過剰に運動していることを

よく経験します。この様に、リズムが崩れ、腰部への遠心性ストレスが過剰に脊柱

起立筋群、椎間関節などへの負荷となり、疼痛を生じるいち要因としてあげられる

のではないかと考えます。

 

 

上記の腰椎骨盤リズムが崩れる原因として
・臀筋群やハムストリングスなどの筋の拘縮、過緊張
脊柱起立筋群の過緊張、筋力低下
椎間関節包の拘縮
腹筋群の筋力低下
 

などが体幹周囲では考えられる要因ではないかと考えます。

 

 

以上のような特徴から、私は、腰背部の主訴を呈す患者さんに、
腰椎骨盤リズムはきちんと生じているか
というところをチェックします。そこからどう崩れているかなどを把握し、
何が原因かを探り、対応していくことが大事ではないかと考えています。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。