さて今回からは視点を変えてスポーツ現場もさることながら、

日々の臨床での気づきや、着眼点などにも重きを置いて発信していきたいと思います。

 

 

元々私はスポーツ選手を診るためには、

スポーツ選手専用の評価や治療テクニック

が必要だと感じていました。

 

 

お恥ずかしい話ですが…

その理由の多くは、なんとなく!でした。

 

 

皆さんはどうですか?

やっぱりスポーツ選手を診るためには特有の技術が必要だと思いますか?

 

 

私がRIOSで学んでたどり着いた答えはNOでした!

 

 

もちろん、基準の設定は変えていかなければいけませんが、

関節可動域、筋出力(MMT)、基本動作を結びつけて診ることは学生の頃から

やってきた、言わば統合と解釈の基本です。

 

 

このクリニカルリーズニングのような思考過程がないと

エラーが出た際に戻って評価する場所がわからず、

わからないものは選手に伝えられず、

さらに抽象度の高いテクニックで上書きするに至ります。

 

 

それを繰り返していくと、

一体、原因はなんなんだ!!

と迷宮入りに…。

 

 

とにかく、その当時の私にはデータベースが必要でした。

評価の基準がなかったので、たくさんの人を診る経験が不可欠だったのです。

 

 

関節可動域評価1つとっても、

どこにその抵抗を感じるのか、それは筋なのか、骨なのか、それともそれ以外のものなのか。

そしてその抵抗感はどの角度から生じてどの角度から強くなり、止まるのか。

 

 

そいったことを日々の臨床でも積み重ねていきました。

そうすると私の中にどんどんデータが蓄積されて気づいたのです。

 

 

関節可動域の制限因子はスポーツ選手でも

臨床の患者様でも同じところに起きること

があるということに。

 

日常生活のみの患者様とスポーツをやっている選手の関節可動域制限の制限因子が同じになった

ということです。

 

 

これだけでも、日々の臨床を見直す機会になりますね!

これから現場に出たい人も、出ている人も、日々の臨床で鍛錬ができますね!

 

 

また、

大事なのはその評価からの検証

になるのですが、それは次回発信していきたいと思います。

 

 

それまでの間、基本に戻って関節可動域評価を見直してみて下さい。

スポーツ現場と病院での臨床、本当に分けて考えるべきでしょうか。

 

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。