今回から数回に分けて、スノーボードなどの横乗り系スポーツについて発信していこうと思います。

 

不安定なボードの上に乗って行われるスポーツ(スノーボード、サーフィン、スケートボード)において、特に重要視されているのが

 

 

『正しい姿勢』をキープすることにあると考えられます。

 

 

 

横乗り系スポーツは、いずれの身体の動きも、ボードの上に乗って実行されます。

いわゆる足を拘束された状態で行うスポーツと言っても過言ではありません。

 

 

基底面から重心が外れようとする時、皆さんは足を踏み出して転倒しないように支えますよね。

 

 

いかに重心を基底面から外し、足を速く動かして転倒しないように支え、その競技特有の動きに繋げるか。それがフィールドで行われるスポーツの特徴だと思います。

 

重心を速く基底面から外すことでハイパフォーマンスに繋がることを実感できていれば、どうやって速く重心を基底面から外すかを考えながらプレーしていることと思います。

 

スノーボードなどはそういうわけにはいきませんね。

そうです。足が固定されているので、フィールドで行われている競技、

広く言えば日常生活で行われている活動では当たり前のようにやっている動作と全く違うことをしているわけです。

 

非日常!!

 

 

これが横乗り系スポーツを行う上で考慮していかなければいけないことだと思います。

 

私の印象ですが、それを感覚的にわかっているスノーボーダーは、とにかく年間を通してボードの上に乗ることを重要視しているように思います。

 

雪が無ければ、スケートボードに乗るとか、

雪のあるところに行くとか、

方法は様々です。

 

そこで意外と軽視されているのが、フィールドで行うトレーニングです。

非日常が故に選手たちはそれを求めて練習に励みます。

 

私もそれは非常に重要なことだと思いますが、

フィールド系スポーツ以上に求められる柔軟な身体の使い方や、その上で重要な股関節や胸郭といった可動域の制限に気づきにくくなっていることも事実だと思います。

 

つまり、ずっと静止した状態で滑るわけではないので、倒した身体を元に戻す基準の姿勢を持っていなければなりません。

 

その基準の姿勢は、効率よく股関節や胸郭を動かすためのポジションであり

いわゆるライディングポジションといわれるものです。

 

それをフィールドの上で再現できなければ、ボードという不安定なものに乗った時に、保つのは困難なことです。

 

 

 

 

また効率よく股関節や胸郭を使えないポジションで滑ることで、それを補うために余計な筋力を使わなければならず、硬くなった筋肉は筋紡錘というセンサーを働きにくくさせ、横乗り系スポーツでは重要なバランス能力の低下に繋がっていきます。

 

 

 

 

ですので、フィールドで自分が基準とする的確なライディングポジションを見つけ、その姿勢の練習をやりこむことも、ジャンプ力UP、安定性UP、メイク率UPに繋がっていくことと思います。

 

ボードの上という非日常的な、通常の生活とは異なるバランスを欠いた場面でも、常に正しい姿勢をキープすることによって、より効果的なトレーニングが可能となり、その結果パフォーマンスが向上すると思われます。