前回は、

頸部では回旋運動の際は同側の側屈を伴い、側屈運動の際は同側の回旋を伴う

というcoupling motionについてお話させていただきました。

 

今回はそのcoupling motionをふまえて頚部痛についてお話させていただきます。

 

 

 

頚椎の回旋運動では上部頚椎(C1-2)で50%以上の動きがあります。この上位頚椎に可動域制限がある

場合、中部・下部頸椎(C3-7)での代償的な回旋運動が生じます。

 

例えば上部頚椎の右回旋に制限がみられる場合、中部・下部頸椎の右回旋、右側屈の代償による動きが

大きくなります。

 

椎間関節の傾斜は下部へいくほど大きくなるため、下部頸椎での過剰な回旋運動が生じると椎間関節への

メカニカルストレスが増大し、痛みの原因となります。

 

 

また、椎間孔も狭窄されるため神経根へのストレスも生じる可能性があります。

 

 

 

頚部の回旋運動を観察した際に、側屈の動きが大きくみられる場合は上部頸椎の可動域制限を

下部頸椎で代償している可能性があります。

 

 

頚部周囲はいくつもの筋が重なりあっており、

 

それぞれの筋の滑走性が低下することで可動域制限が生じているケースを多く経験します。

 

 

上部頸椎の可動域制限の要因の1つに胸鎖乳突筋頭板状筋の滑走不全があります。

 

 

胸鎖乳突筋は頚部を反対側へ回旋する作用があり、頭板状筋は頚部を同側へ回旋する作用があります。

 

この2つの筋の滑走不全は上部頸椎の可動性を低下させる要因の1つとなります。

 

 

また、頚部の可動域制限により頚部‐肩甲帯‐上肢の連動性が破綻し、上肢の筋出力の低下が生じる

こともあります。

 

 

さらに、頸椎の可動性低下は胸椎、腰椎での代償動作を生み出す可能性があり、背部痛や腰痛との関係も

考えられます。

 

 

RIOSセミナーでは動作分析、筋出力、可動域制限の関係性を評価→仮説→治療→検証の臨床推論を通し、

根本原因を改善する方法を学ぶことができます。

 

ご興味のある方は是非受講してみてください!!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。