「選手が潜在的に悩んでいることを引き出しアプローチする」

今回はクライアントのプロスノーボーダー加賀選手から
感想をいただいたのでご紹介します。

この選手からは「ジャンプ時の回転する際の軸がほしい」

という依頼で施術&トレーニングがはじまりました。

しかし、私はすぐにそのトレーニング方法を提供しませんでした。
理由は回転軸が形成できない理由を選手と一緒に考えたかったからです。
トレーニングをすぐに提供することは本当に選手にとって幸せなのか?


その動きができない理由を考えて一緒に答えを見つけてからでないと
トレーニングの効果がでないのではないかと考えています。

しかも、私はいつも選手が求める回転軸ができない理由を
かなり細かく分析し、話し合い、選手がそれに対して100%納得した
状態でないとトレーニングを提供しません。


なぜそうするのか?


その話し合いの中に実は選手が潜在的に悩んでいた身体の悩みが
隠されているのです。


それは選手から言うのを待つのではなく
こちらからの問いかけで忘れていた身体の悩みを選手に気づかせるのです。


それがトレーナーにできるかできないかで
選手の将来が左右されると思います。


以下、選手からの感想です。

【施術の感想】

今回スノーボードをする上で
重要な回転軸を作って頂こうと思って診て頂きました。

以前は、ただがむしゃらに練習やトレーニングをしてきましたが
軸について教えて頂き、自分の身体の使い切れていない部分を
指摘、改善して頂いた事により、自分の身体についての知識も増え


パフォーマンスも向上し、回転軸もしっかり体感出来て
とても感謝しています。


左膝全十時靭帯の手術をして、6年くらい経つのですが
未だに左脚が100%使えず、悩んでいたのですが、施術のおかげで


だんだん左脚が元通りに使えてきているのも、とても体感出来ました。

そして、なぜ使えていなかったのか、その原因がはっきり分かります。
苦手な動きも、克服出来てきたので

今シーズン最大のパフォーマンスを発揮して、結果が出せるよう
教えて頂いたことを継続していきたいと思います。