今回は、距骨下回外改善エクササイズについて動画解説と合わせ、お伝えしていきます。

前回に引き続き、背屈制限のお話を続けていきます。

背屈機能を評価する際に、後足部の可動性やアライメントを評価すると思います。

中でも、距骨下関節回内制限はよくみられる可動性制限の一つです。

回内制限の因子として、考えられるものは、

①    屈筋支帯

②    長母趾屈筋

③    後脛骨筋・長趾屈筋

を考えています。

 

 

<動画解説>

①    踵骨回内可動性の確認

②    足背屈位での母趾伸展可動性の確認

→ここで母趾伸展制限がある場合、長母趾屈筋よりアプローチをします。

③    屈筋支帯アプローチ

→母趾伸展制限がない場合、アプローチします。

④    後脛骨筋・長趾屈筋アプローチ

→多くは、2・3で改善されますが、残存する場合にはアプローチポイントとなることがあります。

以上の流れで、距骨下関節回内可動性の拡大を図っています。

今回はセルフエクササイズとしてお伝えしましたが、臨床での足部評価・アプローチにも応用できると思いますので、ぜひ実践されてみてください。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。