前回は、フロントランジにおける足部とセルフEXについてお話させていただきました。

足部を過剰に屈曲する動きは、推進動作においてブレーキをかけてしまうため、不利に働くとともに、足趾屈筋群のtightnessを招き、足関節の背屈制限につながることをお話させていただきました。

 

 

今回は足趾屈筋の滑走改善のためのアプローチについて動画解説させていただきます。

 

(詳細は、以下の動画をクリック)

URL:

 

 

【方法】

①    舟状骨結節の下、足底面に触れる。

②    第1趾(母趾)を伸展し、長母趾屈筋(FHL)の筋の走行を確認する。

③    ①と②の交わる部位に触れ、4趾の伸展を行う。長趾屈筋(FDL)を確認する。

④    FHLを遠位より押さえ、4趾の屈曲・伸展を他動的に繰り返す。

(FDLは足底交叉部にてFHLに被さるため)

 

 

足趾屈筋群の柔軟性足関節の背屈制限は2次的な足部障害にもつながるため、十分な可動性を獲得しておくことが重要となります。

また、今回の徒手アプローチを踏まえた上で、前回配信したセルフEXを行うことで、母趾と4趾の分離した動きがしやすくなると考えています。

 

 

今回も最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。