今回は頚部の回旋可動域をしっかり出す

「胸鎖乳突筋と頭板状筋の筋間アプローチ」についてお伝えしていきます。

 

 

 

乳様突起には胸鎖乳突筋と頭板状筋が付着します。

胸鎖乳突筋は頚部を対側へ回旋、頭板状筋は頚部を同側へ回旋する作用があります。

つまり、同側の胸鎖乳突筋と頭板状筋には拮抗作用があります。

 

この2つの筋が付着する乳様突起付近で滑走不全が生じると頚部の回旋が制限されます。

頚部の回旋可動域をしっかり出すためには胸鎖乳突筋と頭板状筋の滑走不全を改善する必要があります。

 

 

頚部から肩関節の評価やアプローチは

「頚部〜肩関節への評価とアプローチセミナー」

でより詳しくお伝えしています。ご興味のある方はぜひご参加ください。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。