今回は「斜角筋の動きを出すアプローチ」についてお伝えしていきます。

 

頚椎の伸展の動きの際に斜角筋は後方へスライドするように動きます。斜角筋の前方にある胸鎖乳突筋との滑走不全があると後方への動きが制限されスムーズな頚椎の伸展動作を妨げます。

 

そのため、斜角筋自体がしっかり後方へ動けることが重要です。

 

 

まずはこちらの動画をどうぞ!

URL:https://youtu.be/1BDj_4ByhFE

 

 

 

〈アプローチ方法〉

 

・胸鎖乳突筋鎖骨頭の後方に指当てる。

 

・胸鎖乳突筋を指で前方にスライドさせ、指腹で前斜角筋をとらえる。

 

・前斜角筋をゆっくりと後方へ押さえていく。

 

 

〈ポイント〉

 

・前斜角筋を後方へ押さえていく際に焦らず少し待つ。じわじわとと動きが指に伝

  わってくる。

 

 

詳しくは秋以降開催の

「臨床に生かす!頚部の機能解剖評価・アプローチセミナー」

でお伝えしていきます。

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。