今回は、『ランジ動作で問題となる支持脚の安定性』についてお話しさせて

頂きます。

 

前回、グロインペイン症候群などの股関節障害において、柔軟性の低下や周囲の筋力低下、協調性の低下が

機能障害を引き起こし、症状を慢性化させるというお話しをさせていただきました。

 

股関節のみならず、スポーツ障害といわれるものの多くは、様々な影響を受けた上で、

筋出力の協調性が崩れることで痛みを引き起こすことや機能障害を起こすとされています。

 

身体の土台といわれる【骨盤・股関節】は回旋可動域を有し、その影響は脊柱を通じて

上行性の連鎖を作り、大腿骨を通じて下行性の連鎖にも影響を及ぼします。

 

そのため、まずは骨盤・股関節の回旋を制御することが必要になると考えます。

 

今回はその一つとして、腸腰筋−内転筋−大殿筋のトレーニングを紹介します。

https://m.youtube.com/watch?v=xIUDIpOOLs4&feature=youtu.be

 

《方法》

・セラバンドなどで抵抗をかけながら、股関節を内外旋中間位保持(軽度内旋)・伸展します。

・足関節を中間位〜背屈位を保持します。

 ※足趾の屈曲、足関節の底屈・外反による代償に注意

・対側下肢の動きに伴う骨盤・股関節の動きを制御し、股関節を内外旋中間位保持(軽度内旋)・

 伸展で保持します。

 

《背臥位》

・対側下肢のSLRに伴う骨盤・股関節の回旋を制御し股関節を内旋・伸展運動

 

《立位》

・股関節を内外旋中間位保持(軽度内旋)、膝関節伸展位から股関節伸展、足関節背屈、足趾伸展

 位へランジ動作

 

 

*セラバンドなどによる抵抗を変えたり、ランジのステップ幅の調整にて負荷量の調節を

 していくとより効果的です。

*鏡などを利用して視覚的フィードバックを利用しながら行うと初めは行いやすいと思い

 ます。

 

 

身体重心を身体の中心部に止めておくことができなければ、どの動作においても、関係する関節や

筋肉に負担が集中し、柔軟性の低下、協調性の低下などの機能障害を引き起こす原因となってしまいます。

今回は股関節トレーニングの一例ですが、ぜひTRYしてみてください。

 

 

次回、今回お話しできなかったランジ動作の際のステップした側の脚の問題についてお話しさせて頂きます。

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。