前回は、中足部機能についてお話しさせていただきました。

中足部は、可動性の少ない部分ではありますが、障害予防を図る上で、可動性、固定性の要素が必要であると捉えています。

 

 

今回は、歩行における前足部の安定性についてお話しさせていただきます。

前足部は、リスフラン関節より遠位の部分で、中足指節関節、指節間関節があり、歩行周期に応じて、これらの関節は前足部に定性柔軟性の要素を与えています。

 

 

歩行において、Terminal StancePre Swingにその機能は発揮されます。

特に、中足指節関節(MTP関節)の伸展が大きく求められ、

Terminal Stanceでは30°

PreSwingでは60°の伸展が必要となります。

 

 

Terminal Stanceに向けて、下腿三頭筋が足関節の背屈を制御することにより、踵は地面から離れ、Forefoot Locker機能が働き、前方への推進を可能にしています。

 

 

反対に、

距骨下関節の過回内は下腿の内旋を生じ、前足部は緩み、安定したForefoot Locker機能は阻害されます。距腿関節の背屈制限がある場合は、背屈を補償するために、距骨下関節の過回内となることが多くみられます。後足部の運動に依存するため、前足部の安定性を求める上で、同時に後足部の評価も必要となります。

 

 

Terminal StancePreswingの類似した基本動作として、Calf raiseを例にとります。

Calf raiseでは、MTP関節の伸展、足底腱膜の緊張、下腿三頭筋の筋出力等、によりその動作を可能にしています。

 

 

偏平足を伴う足部では、内側縦アーチが低下していることで、体重負荷により前足部が落ち込みます。MTP関節の伸展の不足はWindllas機能を制限します。内在筋の強い筋活動があったとしても、アーチは平坦であり、中足部、前足部は不安定なままであります。

 

 

そのため、私は、前足部の機能を評価する際に、後足部の関係性を把握した上で足趾を中心に前足部の評価を行っています。

 

 

セルフエクササイズ
として、可動性改善に向けたストレッチをよく行います。

片足を立てたしゃがみ姿勢から、前方に体重をかけ、距腿関節の背屈を伴い、足趾(母趾、4趾)の伸展を徒手で行います。ここで、距腿関節の背屈が行えることで、長母趾屈筋、長趾屈筋のストレッチが行え、伸展可動域の改善を図っています。

 

 

簡単な運動ですが、距骨下関節回内位で距腿関節背屈を代償した動作で行っている方が多く、指導する上で、私はここを重要なポイントの一つとしています。

 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。